医療保険は終身で選ぼう

Filed in 中古の魅力 by on 2012年9月28日

医療保険に関してはたくさんの商品があって、それぞれ保障の内容が異なりますので選ぶ時には悩みますね。医療保険の場合は保険料を安く抑えて簡単に入れるものもありますが、大事なのは保障期間がどうかということです。例えば65歳で払い込みも保障期間も終了するものなどは、退職する時期でもあり若い時よりも病気に対する不安が高まる年齢になるということです。保険が必要な時に保障がないという事態になってしまうわけです。
最近の保険は簡単には入れて持病があっても大丈夫と謳われていますが、実際は簡単ではありません。その持病で入院するとなると保障対象外になりカバーしきれないということになります。また保障期間が65歳や70歳で切れるものは、新たに加入するとなった時には既応症があって加入できない人が多いと言えます。色々な問題が生じることを考えると入る時には保険料が少し高めですが、終身保障のものに入っておくほうがいいでしょう。若いうちから加入しておけばそれほど保険料も高くないので安心かと思われます。
医療の進歩で寿命は延びていますが、それでも高齢になると必ずどこか体に故障ができるものです。リタイアした後の医療費を考えるとやはり終身保険は大事だと思います。

終身払いタイプの医療保険はお得

Filed in 中古の魅力 by on 2012年8月28日

医療保険には、終身払いタイプと払い込み済みタイプがあります。払い込み済みタイプは、60歳や65歳までの払い込み済みに設定することで、その後の保険料はかからず、保障が残るしくみ。終身払いタイプは、その契約が必要なくなるまで、払い続けるしくみで、その分支払額は、払い込み済みのものより少なく設定してあります。
一見、払い込み済みタイプの方が、一定の年齢を超えた後の支払いがないため、良いと思えるのですが、少し値段が高めに設定してあるため、支払いが苦しくなることがあります。それでも、解約してしまうと、保障もなくなり、お金も返金されません。一方、終身払いですと、生涯払い続けることになりますが、支払いが少ない分、差額を貯金しておけば、突然の出費にも対応できます。もともと掛け捨てなので、お金が返ってこないという不満もありません。保険を選ぶ時は、自分の支払える金額を考えて、終身払いタイプを検討していくことをお勧めしたいです。

子供の終身医療保険について

Filed in 中古の魅力 by on 2012年7月28日

以前、保険の相談に乗ってもらったファイナンシャルプランナーの方との会話で記憶に残っている話があります。それは子供の保険についてです。子供の医療費はほとんどの自治体が何らかの助成を行っているので、大きな怪我や病気で入院することになっても治療費としてはほとんど必要がありません。その為、医療保険を考える人は少ないそうです。でも、中には生まれてすぐに終身保険を契約する人もいるんだそうです。
大人になるまでに病気を発症すると不担保の保険しか契約できないこともあるし、0才時にある一定期間分をまとめて支払ってしまうと、大人になって保険が必要かなと思われる時期に購入するのに比べるとかなり割安で一生分の保険を得ることができるそうです。大人になってその子供が独立するときにプレゼントとして死ぬまでの保険をあげるんだそうです。その当時はまだ、子供がいなかったのでふ~んという具合に聞いていたのですが、そんな形の親の愛もなんだか素敵だなぁと思いました。

医療保険には種類があり、終身タイプは安心なところ

Filed in 中古の魅力 by on 2012年6月28日

ずーっと元気で老後を暮らしたいためには、医療保険の終身タイプがいいと思うんですね。今の不景気の時代だからこそ、助け合いって必要だと思うんですよ。この終身医療保険は、保険の対象となる人が亡くなられるまできっちりサポートしてくれる安心な内容ですね。ですので、長く生きてれば生きてるほど困ったときのサービスが役にたつんですね。
気になるのがやっぱり料金ですよね!だいたいのところは月々3000円~4000円と安いし、値上がりもしないので大丈夫です。年齢でいえば、30歳で加入した場合80歳で死亡すると予想したら助けてくれる年月は50年になるわけです。そしてなんと、100歳まで生きると70年間も助けてくれるありがたい保険ですね。払う期間によっては10年から20年支払えればいいですので、費用もそんなにかからなくてすみますね。迷っている人は入った方が、いつ何が起きるかわからない人生、非常に楽だと思いますよ。終身医療保険って自分を後押ししてくれて守ってくれるそんな素晴らしさがありますね。充実した毎日をおくる参考にしてもいいと思いますよ。

医療保険だからこそ終身タイプを選びたい

Filed in 中古の魅力 by on 2012年5月28日

いろいろな保険商品で終身タイプが出ていますが、私がお勧めしたいのが医療保険の終身タイプです。長寿社会の現代だからこそ、年をとったときのことを考えなくてはなりません。今は昔と違って、どんどん良い保険が販売されています。保障内容も充実してきて、これに入っていれば最後まで安心して病院にいくことが出来る。と感じるものも多いです。不況だから保険は…と言われる方でも、実は払い込み方法が選べるのはご存知ですよね?
終身タイプの払い込みはある一定の年齢まで払って、後は終身保障のタイプとずっと払い続けるタイプとあるんです。もちろん、払い続けるタイプのほうが保険料は安くなります。しかも、医療保険なら他の商品より安く設定してあることが多いんですよ。年を取ると誰でも病気や怪我の可能性が高くなっていきます。その時にお金がないからと治療をあきらめるなんてあまりにも悲しすぎます。早い段階で加入しておけば、月々の保険料も安く抑えられる商品もありますので、今のためにも、そして、将来のためにも1つは加入していてほしい保険だと思います。